プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

はじめまして!
京四季庵店長のたかぼうです。
頑張って更新しますので、よろしくおねがいします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月30日 (月)

もうすぐ12月!

今月も終わろうとしていますsign01


早いですねnotes


あっと言う間ですsweat01


今月は紅葉のおかげで全国からたくさんのお客様に


ご来店いただきましたdelicious


本当にありがとうございますsign03


「たかぼうさんですかsign02ブログみてますよhappy01


と声を掛けて下さったお客様もいらしゃいましたheart04


こんなブログ皆さん見てくれてるのかなsign02


と思っていたので本当にうれしかったですdelicious


子猫のおかげですねcatgoodlovely


大不況とインフルエンザで厳しい毎日が続きますが


これからも力を合わせて頑張って行こうと思えた出来事でしたshine


今年もあと1カ月良い年をむかえられるように頑張りますshine

2009年11月25日 (水)

子猫救出大作戦15

翌朝俺達は店に集合したupwardright

しばらくして遠藤さんが駆けつけてくれたsweat01


「おはようございますsunすいません急に・・・・」


俺はもう一度状況を説明し、子猫が泣くのを待っていた


しかし子猫は全く泣かなかった・・・・


「鴨川沿いの穴から出て行ったのかもしれませんね?」


遠藤さんがつぶやいた


「せっかく来ていただいたのに・・・すいませんthinkもう少し待ってもらえますか?」


俺は申し訳ない気持ちでいっぱいだった・・・

しばらくしてもう一度遠藤さんが口を開いた

「先に鴨川にまわって穴をふさぎましょう。」

俺達は店を出て鴨川にまわった


ガンsign01ガンsign01ガンsign01


「目に付く穴は塞ぎました。もう猫は入ってこないはずですよbleah


「ありがとうございますshine


俺達はもう一度店に戻った・・・・


しかし子猫は全く泣かなかった・・・・


どうやら夜のうちに鴨川側の穴から出て行ったようだ・・・


こうして俺達京四季庵の子猫救出大作戦


は幕をとじた・・・


出て行った子猫が元気で生きている事を祈って・・・・・


「子猫は出て行ったみたいなので、私はこれで・・・

 また何かあった時は連絡してください」


遠藤さんが帰ろうとした瞬間だった・・・


にゃーsweat01

まだ・・・・


続く・・・・


2009年11月20日 (金)

クリスマスコース

クリスマスxmasまであと1ヵ月upwardright

予定は決まってますかsign02

京四季庵では12月23日、24日、25日の三日間

クリスマス特別コースをご用意していますshine

 。生湯葉と雲丹さっぱりと山椒と醤油で

 。シャキシャキ水菜とパンチェッタのロール巻き

 。カキの西京味噌パン粉のグラタン仕立て

 。ラングスティーヌのグリル

 。お口直しのシャーベット

 。ローストビーフレホールソース

       or

 。ローストチキン粒マスタードソース

 。パエリア

 。デザート盛り合わせ


 お一人様7000円shine

今年のクリスマスxmasはぜひ京四季庵で・・・・


ご予約お待ちしてますhappy01

2009年11月19日 (木)

本日解禁!!

今年もやってきましたup


11月の第3木曜日shineshine


ボジョレヌーボーの解禁日ですcrown


今年は天候に恵まれsun


過去50年で最高の出来栄えだそうです


毎年そんな事言ってるような気もしますが・・・・


今年は円高もあって例年よりも少しリーズナブルですよwink


紅葉を見に行ってmaple

先斗町を歩いてrouge

京四季庵でボジョレーshine

めっちゃいいデートプランと思うのはheart04

僕だけでしょうか・・・・

2009年11月12日 (木)

子猫救出大作戦14

営業終了後ゆきこは子猫2匹を抱いて帰っていったcatcatdash


俺と功全は片付けを終わらせ帰ろうとしていた


「おつかれさんsweat01


「おつかれさまです!店長色々とご迷惑をおかけしました。

 でもこれで一回り大きくなれた気がしますcoldsweats01   」


俺は黙って微笑みかけた、本当に一回り大きくなったような

大きな仕事をやり遂げた男の表情だった・・・


「久しぶりに飲みに行くかsign02


「はいhappy01

俺達は電気を消して店を出ようとした・・・

その時だった・・・


「にゃー」

はぁsign02

俺達は耳を疑った・・・

にゃー

確かに子猫の鳴き声・・・・

功全が天井裏を確認しようとした

「おい!天井と違うぞsign01ここの壁の隙間やsign03

俺は叫んだ・・・

天井にいた子猫が壁の間に落ちたようだ・・・

天井にいた子猫2匹をやっと捕まえたのに

もう1匹いたなんて・・・

しかも今度は壁の隙間って・・・・

sign02この流れのライン・・・sweat01


もう限界wobbly

そうつぶやくと功全は倒れこんだcrying


俺はいつもお世話になっている工務店の遠藤さんに電話したtelephone

「もしもし、こんな時間にすいません・・・」


状況を説明して、翌日の朝に来てもらうようお願いした


子猫はまだ泣いていたcat

俺は壁に近づいて子猫に語りかけた


「明日の朝に救出してやるからなsign01怖いと思うけど

 いい子にして待っててなbleah


「にゃー!にゃーsign01にゃーsign03


それからピタッと泣きやんだ・・・


まるで俺の言葉が通じたようだった・・・

続く・・・・

2009年11月 9日 (月)

オーストラリアから

外国人のお客様が4名ご来店dash

おいしそうに和牛ステーキをlovely

英語が得意のゆきこが

「どこから来たのsign02


「オーストラリアshine

 4カ月前に日本に旅行した友人に

 日本のレストランrestaurant

 一番良かったってshine紹介されて来たよhappy01

えっlovely

「マジでsign02

本当にうれしい出来事ですgood

飲食店でこれ以上うれしい事はありませんhappy01

彼等と盛り上がっていると・・・・


翌日は朝から舞妓さんに変身する事になり

一緒に行く事に・・・・


翌々日広島から帰ってきた彼らは


そろって来店してくれました。


またどこかで会うことを約束して・・・・


彼らを見送った夜でしたnight

2009年11月 6日 (金)

子猫救出大作戦 13

あれほど自身を無くしていた功全が


別人のようだ・・・


やっぱり俺の励ましが心に響いていたup


俺が戦国時代に生まれていたら大名になれていたcrown


自身が確信に変わった瞬間だったshine


俺達は黙って功全を見ていた


しばらくすると


「店長!やりましたsign01


右手には白い子猫を捕まえていたcatsweat01

猫じゃらしで本当に捕まえるとは・・・・


すごい・・・


よくやったsign03


俺はそう言いながら一歩二歩後ずさり・・・・


それ以上猫を近づけるな!


「ねこcatshineねこーheart04


ひろえが興奮しながら猫を抱きかかえたlovelylovely


「かわいいーhappy01


冷蔵庫からパイナップルを取り出して、子猫に食べさせようとしていたsweat01

俺は叫んだsign03

「おい!ひろえの暴走dash誰か止めろsign01


隣にいたスタッフのかおりがつぶやいた・・・

「彼女は本物の暴走族ですdash彼女の暴走は誰にも止められませんsweat01

俺はかおりの言葉にうなずいた


ひろえの暴走を止めるのはあきらめた・・・

そして功全に

「まだもう一匹いるやろ!喜ぶのはまだ早いぞ!」

功全は、はっsign02とした顔をしてもう一匹捕まえに上ったsweat01


しばらくすると


「店長!もう一匹捕まえましたbleah


右手には虎毛の子猫をしっかりと捕まえていたcatshine


よくやったshine


俺達は抱き合って喜んだhappy01

スタッフはそろって


「店長の励ましのおかげです。

 店長のがんばりです。

 店長最高!       」


なぜか全員棒読みだった。


しかし俺のテンションは上ってup


「みんなよく頑張った給料上げてやろうhappy01


スタッフは目を合わせてニヤッと笑った


俺はこいつらにはめられていた・・・


その事に気づいたのは、次の給料日だった・・・


「今日は店休んで飲みに行くぞsign03


「店長今日は金曜日ですよ!予約もたくさん入ってるでしょう!」


ゆきこの言葉で、我に返った・・・


「よし!開店準備するぞsweat01


その時功全が口を開いた・・・


「店長!少し休ませてもらっていいですか?」


彼の表情は達成感と安堵感で疲れきっていた。


「わかった。ちょっと休んどけ!」


「すいません。」


功全は調理場の一番はしに深く腰掛け、左手には猫じゃらしを持っていた


ゆきこが声を掛けた

「功全くんお疲れ様!よくがんばったね!」

「ゆきこさんあなたの励ましが無かったら子猫を捕まえる事は

 できなかった・・・この猫じゃらし受け取ってください

 ゆきこさんに受け取って貰いたいんです・・・・・・   」


ゆきこは黙って猫じゃらしを受け取ったnotes

そして功全は目を閉じてこうつぶやいた

「燃えたよ・・・燃え尽きたよ・・・真っ白に・・・・」

 


しかしこの先に新たな波乱が待っていた・・・

続く・・・・・

先斗町 京四季庵 のサービス一覧

先斗町 京四季庵