プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

はじめまして!
京四季庵店長のたかぼうです。
頑張って更新しますので、よろしくおねがいします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月25日 (金)

日本勝利!!

やりましたsign03

サッカー日本代表shine

気持ちのいい試合でしたhappy01

何よりもびっくりしたのが

マンションから見た他の部屋の明かりflair

3時半にあれだけ電気がついてるとは・・・・

みんな応援してたんですねsweat01


商売的には早くワールドカップが終わって欲しいですが・・・・・

このまま勝ち進んで

日本を明るくしてもらいたいものですshinewink


という事で僕は今から寝ますnote

みなさん寝不足でお仕事頑張ってくださいwobbly


おやすみなさいsleepy

2010年6月24日 (木)

がんばれ日本代表!

盛り上がってるupワールドカップsoccer

大一番を迎えましたshine

サッカーはあまり詳しくないし・・・・

日本代表の試合がある時は暇になる・・・・

しかし

ここまで来たらぜひ予選突破して

目標のベスト4目指して頑張って欲しいものですshine

暗いニュースが多い毎日ですが

日本代表の活躍で

日本を明るくしてもらいたいですねshine


がんばれ日本sign03

2010年6月12日 (土)

高校入試大作戦最終章

早いものであれから二ヶ月がたったある日・・・・


かおりから電話があった

「今週の土曜日なんですけど・・・・・

 たけしの合格祝いを京四季庵でさせてもらいたいんですが・・・・

 急にすいませんcoldsweats01大丈夫ですかsign02

たけしは見事に合格していたshineflair

土曜日かおりに連れられてたけしが来たdash

「たけしsign01よく頑張ったなhappy01合格おめでとうshine


たけしは照れくさそうに軽く頭を下げたcoldsweats02

俺はテーブルまで行き


「黒毛和牛のサーロインステーキやshine食えsign03


たけしの前に置いた・・・・


「店長sign01いいんですかsign02


かおりが俺の顔を覗き込んだ


「たけしsign01合格したら食わせてやるって約束したやろup

 お前大人はみんな嘘つきだって言ったなsign02

 確かに大人は嘘つきかもしれん・・・・・

 だけどな約束を守る大人もいるって事を忘れるなsign03

 そして将来お前も約束を守る大人になれshine


俺はそのまま厨房に戻った

たけしはサーロインステーキをじっと見つめていたが

かおりに促されると美味そうに食べ始めたhappy01restaurant

幸せそうな笑顔だった・・・・・

「店長sign01ご馳走様でした。色々と本当にありがとうございましたcoldsweats02


かおりが頭を下げたdown

たけしは恥ずかしそうにうつむいて帰って行った・・・・

「最後まであんな態度ですいませんthink


 家に帰ったら私からもう一度注意しておきますsign01

その時だった・・・・・

店の入り口から大きな声が響き渡った・・・・

「先生お世話になりましたsign03

 ありがとうございますsign01

 先生のおかげで諦めずに戦う事ができましたsweat01

 僕も将来約束を守る大人になりますsign03


満席の店内で厨房まではっきりと聞こえる


大きな声だった・・・・・

俺は微笑んでbleah軽く手を上げたpaper


たけしは深々と頭を下げて階段を駆け上がって行ったsweat01


こうして俺達京四季庵の高校入試大作戦は見事に幕を閉じた・・・・

帰り道、俺は一人で呟いた・・・・

「たけし頑張ったなぁshine


夜空を見上げると

月明かりがmoon3俺を照らしていたflair


まるで


「お前も良くやったnotes

そう労ってくれているようだった

                 完

  あとがき

 見事に合格してくれましたshine

 僕も学生時代は勉強が苦手で、受験から逃げ出したくなった時がありましたsweat01
 その時に励ましてくれたのが、友達、先生、そして家族でした・・・・

 あの時諦めずに頑張って良かったと15年以上たって心から思いますsign01
 たけしも将来そう思ってくれたら・・・・・

 それ以上嬉しい事はありませんshine

 彼のこれからの戦いにこの場をお借りしてエールを送りたいと思いますflair

 昨年に「子猫救出大作戦」を書いてから

 「次の話はいつ書くのかsign02」とたくさんお声を頂き・・・・

 やっと2作目が終わりましたcoldsweats02
 
 次はいつになるかは、わかりませんが・・・・

 ネタができれば書きたいと軽く考えていますhappy01

 期待せずに待っててくださいねwink

 
 
 最後に僕もたけしに負けないよう戦っていく事を誓い結びとさせて頂きますsign03

2010年6月 6日 (日)

高校入試大作戦9

入学試験の当日の朝sun


俺達京四季庵のスタッフは


たけしを応援する為に


受験校の前に集合したsweat01


進学塾の先生がたくさん立っていて


大きな声で生徒に声をかけていたdash


俺達も塾の先生に負けない大きな声で応援しようと待っていた・・・

しかし・・・


たけしはあらわれなかった・・・・


ひとみが心配そうにつぶやいた・・・


「たけし君遅いですねsweat01大丈夫ですかねsign02


俺は迷わず答えたimpact


「たけしは必ず来るsign03受験というリングの上で精一杯戦う為になsign01


その時だった・・・・


かおりに腕を引かれるように


たけしが来たdash


「がんばれsign01たけしup

「お前なら合格できるぞup

「落ち着いてやれよsign01

スタッフは皆大声でたけしに声を掛けた・・・・


たけしは俺達に目eyeを合わせる事なく足早に通り過ぎて行ったsweat01


「せっかく来て頂いたのに、あんな態度ですいませんhappy02


かおりが俺達に頭を下げた・・・・

俺は黙ってたけしを見ていた・・・・

俺が教えに行った時とは別人のような

引き締まったいい顔つきだったshine


そして

たけしのズボンのポケットから

ハチマキがはみ出しているのがはっきりと見えた・・・・

あれからたけしは、真剣に受験勉強に取り組みcoldsweats01

そして必ず勝つつもりで今日の試験に臨んでいるflair


はみ出したハチマキが、たけしの頑張りと決意を代弁していた・・・・


俺は通りすぎた、たけしの背中に声を掛けた・・・


たけしsign03

たけしは一瞬足を止めた・・・・


「今までよく頑張ったなsign01最後まで精一杯戦えよsign03


「そして必ず勝てsign03

たけしは振り返ることなく


もう一度歩き始めた・・・・


その背中にはたけしの決意がはっきりと見えた・・・


たけしの戦いが始まろうとしていた・・・・・

続く・・・・・

2010年6月 1日 (火)

高校入試大作戦8

翌日俺の携帯が鳴り響いたmobilephonenote


かおりからだった・・・・


「店長sign01昨日はせっかく来て頂いたのにすいませんcrying


「こちらこそ力になれずに悪かったなwobbly


「あのーたけしが・・・・・」

「どうしたsign02


「たけしが勉強を頑張るから、浩平さんにもう一度来てもらいたいって

 言うんですけど・・・・」


「たけしが・・・・・やる気になったのかsign02


「店長に気合を入れられてpaperたけしも目覚めたんだと思いますshine

「そうかsign03お前の弟生意気やったからな

 一発シバイたったんやpaper

 最初からシバイたったらよかったなhappy01


俺は口に出そうになった言葉をぐっと飲み込んだ

そしてかおりに語りかけた


「かおりsign01俺は昨日たけしを殴ってしまった・・・・

 たけしはつらかったと思うweep

 だけどな殴った俺の心も、たけし以上につらかった・・・・

 それだけはわかってくれsign03


「店長・・・・店長・・・・わかっています・・・・・ありがとうございますweep

受話器の向こう側で、かおりは泣いていた・・・・・・・

「たけしに伝えてくれsign03

 最後まで戦えってなrockshine


「戦えですかsign02


「ああsign01そう伝えればわかるup


俺は電話を切ってから一人考えた・・・・・

あれだけやる気のなかった


たけしが・・・・


俺のおかげで・・・・


やっぱり俺は戦国時代に生まれていたら大名になれていたcrown


再認識した瞬間だったnote


数日後浩平が店に来たdash

「たけしの勉強は進んでるかsign02


「それが・・・・・・

 店長が教えに行ってから

 別人のようにやる気を出して頑張ってるんですup

 ハチマキを巻いて勉強してるんですよgoodhappy01


「店長sign01凄いですねshine


「どうやってやる気にさせたんですかsign02


スタッフが口をそろえて聞いてきたsweat01

「あのくそガキ大人を舐めてたから

 一発シバイたったpaperそれだけやbleah


俺は口に出そうになった言葉をぐっと飲み込んだ


そして静かに語りかけた

「たけしも本当は頑張ろうと思ってたんやsign01

 だけどきっかけが無かった・・・・・

 そして頑張り方がわからなかっただけや

 俺はその背中を軽く押しただけや・・・・・

 今あいつが頑張ってるのは俺の力ではない

 たけし自身の力やsign03

 俺はそう思ってる・・・・・・・・」


一瞬沈黙になった・・・・


その後・・・


「店長sign01本当に凄いですsweat01感動しましたsweat02

「人の上に立つ人って、やっぱり並みの人とは違いますねsign01

「店長は本物の漢ですsweat01

スタッフは涙をうかべながら更に続けた・・・・・

「店長が家庭教師に行くことdashを心の中で笑ってましたsign01私を殴って下さい」

「僕もですsign01殴って下さいrockすいませんでした」

俺は軽く微笑みwink語りかけた・・・・


「人間誰でも間違える事はある・・・・・

 俺は仲間の間違いを今まで責めた事は無い・・・

 そしてこれからも責めるつもりはない・・・・

 だから今のお前達の言葉は聞かなかった事にしておく」

「店長!ありがとうございますweep

完璧に決まった・・・・・

俺は心の中でガッツポーズしたrock


そしていよいよ入学試験当日を迎えようとしていた・・・・

続く・・・・・


 

先斗町 京四季庵 のサービス一覧

先斗町 京四季庵